ドライバーの種類

一口にドライバーと言ってもその業種は様々あります。持っている免許や特技を生かせる仕事が見つかれば、やりがいにもつながるでしょう。ここでは数ある求人のうち、ドライバーの種類ごとにその内容をご紹介していきます。

普通免許で応募できるドライバーの求人

ドライバーの仕事を将来していこうとするならできるだけ上級の免許を持っておく方が有利です。大型免許やけん引免許があれば運転できる車も多くなるのでそれだけ仕事が選びやすくなります。ただ大型免許などは取…

大型免許が必要なドライバーの求人

日本で車の運転をするには日本で免許を取得する必要がありいくつかの種類が用意されています。旅客運送かそうでないか以外にも、車の大きさによっても種類分けされていて、最も多くの種類の車が運転できるのが大…

特殊な免許が必要なドライバーの求人

バスやタクシーのドライバーを目指すなら必ず必要な第二種免許

ドライバーに必要とされる運転免許の多くは、運転する車両の総重量と積載量、そして乗車人員の数に応じた運転免許です。しかし、バスやタクシーなどお客さんを乗せて目的地に運ぶドライバーの場合には、一般的な運転免許と異なる免許が求められます。それが第二種免許です。 普通免許や大型免許などは第一種免許と呼ばれ、公道を走る自動車の運転に必要です。一方の第二種免許は、旅客の運送を目的とする自動車を運転する場合に必要になります。第二種免許は、普通第二種免許や中型第二種免許など運転可能な車両の大きさなどで分かれているのが特徴です。この第二種免許が必要になるドライバーには、バス、タクシー、ハイヤー、自動車運転代行業などがあります。これらのドライバー求人に応募する場合には、乗車する車両の大きさに応じた第二種免許を持っていることが必須になります。

トラックドライバーの求人に応募するなら取っておきたい免許

お客さんを乗せないトラックドライバーの求人にも、特殊な免許を持っていることを求められるものがあります。その代表格がけん引免許です。けん引免許とは、車両総重量が750kgをこえる車をけん引、つまり引っ張るために必要な資格です。 けん引免許を持っていると、タンクローラーやトレーラーを運転することができます。これらの車両に乗れるドライバーは、一般的なトラックドライバーよりも賃金面で優遇されることが多いです。そのためより高給なドライバーを目指すなら、けん引免許は取っておきたい資格の1つといえるでしょう。けん引免許以外にも、トラックドライバー求人に応募するうえで持っていたほうが有利な資格はいくつかあります。それが玉掛作業者やフォークリフト運転技能者です。玉掛作業者はクレーンで、フォークリフト運転技能者はフォークリフトで荷物を積み下ろしするときに必要な資格です。

求人の探し方

ドライバーとして働きたい!と思ったとき、仕事をどのように探せばいいのでしょうか。たくさんある求人のうち、希望の条件に見合った仕事を見つけられたらいいですよね。ここではドライバーの求人について、その探し方をご紹介します。

求人サイトを利用する

運転が得意な人は、転職の際にドライバーの仕事を検討する人もいるでしょう。そんなドライバーの仕事探しをするときには、自分の一番向いている業種の仕事を見つけてから、求人情報を検索してみましょう。ドライ…

求人雑誌を利用する

ただ漠然と憧れの職業だったから、運転が好きだからとドライバーの仕事を探していては、条件が定まらなくて、あれにしようか、これにしようかと選択肢が多くなっていくつかに絞ることはできません。仕事探しに時…

知り合いに紹介してもらう

知り合いに紹介してもらう場合は、自分で探すよりも、どんな仕事内容なのか詳しく知る事が出来るのではないでしょうか。自分で探す場合、求人に載っている情報でも十分な方もいるかもしれませんが、長く働く為に…

安全運転が最優先されるドライバーの求人